可愛いものたち

仲良し組

 本家の番犬のクゥは、もうおじいちゃん。朝晩の散歩が何よりの楽しみだ。昔はモリモリと食欲も旺盛だったけど、近頃はボチボチと食べている。それでも元気。

 一方のキジ猫のジジ。こいつはいつも食ってばかり。クゥのご飯まで横取りして食べる始末。クゥは黙って猫ばばされるのを見ているだけ。だから、ご飯のときは、クゥの横で張り付いて、ジジを見張っていなければならない。

 けれどこの二人、とっても仲良し。知り合ってまだ5カ月くらいなのに、クゥが散歩から帰ると鼻をつき合わせ匂いを嗅いで、部外者と接してこなかったと確認し合うほどの仲である。どちらも男の子である。きっと相性がいいのだろう。

 いつも二人で仲良く家を守っている。

みるみるうちに太った猫のジジ。お腹部分はクゥとさほど変わらなくなった。クゥの分まで食べているのだもの、そのうち、走れなくなると思う、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっさん

 ブログで猫ちゃんを紹介していると、いろいろと写真を送ってくれる人がいる。先日の「ドラえもん」もそうだし、カメラマンの森賢一から、今朝、こんな写真が届いた。

 タイトルは、「おっさん猫」。柔らかい日差しを浴びて恍惚としている表情がたまらない。それにしても、よくもまー、こんな格好ができるわな。それがカワイイ。

Image1111230958311683090968 いい顔だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼく、ドラえもん

 たまらん!かわいくて、愛らしくて。そのほほえましさは、私の中の今年の一等賞。ラジオのディレクターのM氏からもらった「ドラえもん猫ちゃん」の写真がこれ。
 早速、猫好きのスタッフの奈奈美に見せると、目をうるうるさせていた。どこの子か名前も知らないけれど、この瞳といい口元といい、もーたまらん!

Photo
見て、この瞳の愛らしいこと。会いたい!会いたい!この子に会いたい!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

 「禅」という日本名がつけられたバラがある。凜として品格があって、奥ゆかしい。淡い紫色の花びらからアプリコットオレンジへと色を映していく。トゲの鋭さ、葉肉の強さと濃さ。芯が少しもぶれない僧のようで、その名前の通り。

 さて、私のバラ園もバラの種類が13種とあいなった。咲き終えたバラもある。今が真っ盛りの子もいる。遅咲きのルイ14世は強香なので楽しみだ。花びらの裏が白で表が真っ赤のショートケーキという愛らしい名前の子もいる。

 朝夕の水やりは欠かさない。うどんこ病も黒点病も対策は万全。蝶々は歓迎だが、他の虫は寄せ付けない。まるで親のような気分で見守っているわけだが。

 おかげで、日焼けがすごい。顔はもとより手の甲の日焼けがすごくて、肉体労働者のようなごつい手になった。これからの季節、外に出るのがとてもおっくうだったけれど、花や植物を育てるようになってから全然平気になった。

 植物はいい。大切にするほど応えてくれる。近頃は、花と話すのが上手になった。

Photo
咲き始めの禅。年の頃なら18歳くらい。

3
八分咲きの禅。30代の色香がある。

21
50代の頃の禅。まだまだ、まだまだ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

そおっと、そおっと

 午前中いつもネズとタロちゃんは日光浴。ねずちゃんはフェンスからお顔を出して、ご近所のおばちゃんやおじちゃんになでなでしてもらいます。

 が一方のタロちゃんは人見知りがはげしく、社交的なネズとは違って、いつもフェンスの穴のどっからかのぞき見をしています。

 と、近所の子どもたちが釣り竿をもって魚釣りに出かけて行きました。「わーい、わーい」。子どもの声だけにはするどく反応するタロちゃん、そぉっとそぉっと、フェンスの下からのぞき見。遊んでもらえばいいものを…。

子どもたちの声に反応して、フェンスの下からのぞているタロちゃん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

キンカン

 広告代理店のi永君から、取材依頼のメールが来る。と同時に、彼の愛猫の「キンカン」の写真も添付されてくる。この子がたまらんほど可愛い。何度もメールをよこすたびに、キンカンの写真が何枚も送られる。

 キンカンが赤ちゃんの頃、i永君からよく育児相談を受けたものだ。ずいぶんと大きくなったキンカン。メールの内容そっちのけで眺めていると、本人から取材用件の電話がかかる。

「ちょっとi永君、キンカンの愛くるしさ、たまらんねぇ」「でしょ、でしょう?」「これどこで寝とらすと?」「キッチンの棚」「可愛すぎてやられた…」「でしょ、でしょう?」「もうくにゃくにゃしてあげたい。じゃあねぇ」「はいはい…って、かずさん、仕事仕事」「こんなの見せられたら仕事にならんだろ、じゃねっ」「そうですよねぇ…って、かずさん、仕事仕事てっ!」

 可愛いキンカンの話にかこつけて、なんとか仕事をせずに済ませようと試みたが、無理だった…。

692_2_image
広告代理店のi永君ちのキンカン。キッチンの棚の上でおねんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プロヴァンスの猫

 南阿蘇村の『ボンジュールプロヴァンス!』の猫ちゃん。撮影の準備を待つ間、可愛らしい猫ちゃんたちのお昼寝タイムに遭遇。
 のんびりと穏やかな顔。みんな野良猫ちゃんたちばかりなのだとか。それでもみんな、決して臆病ではなくてコロコロと太ってておおらか。

 春が近い山里をビュンビュン走って遊んだり、日溜まりの中でうつらうつらしたり。エサに困ることなどなくて…愛情たっぷり。いい人生だなぁ。

Photo
『ボンジュールプロヴァンス!』には、コロコロと太った猫ちゃんがいっぱいいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃の花


 桃の畑には花真っ盛り。桜とも梅ともまた違う濃い桃色の美しい花びら。しばしうっとり眺めて仕事仕事。桃の花びらは5枚です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

愛らしいものたち

 なんとも愛らしいものたちに遭遇。熊本在住の木工作家・江籠(えごう)正樹さんが作る、それはそれは可愛い木のお人形たち。

 親指ほどの大きさだけど、どの子も優しい表情をしている。「ペンダントにしたい」とリクエストがあるらしいけれど、お人形の体に傷をつけるのは可哀想…と江籠さんはおっしゃっているそうだ。なんて優しい方なのだろう。ぜひ一度、お会いしてみたい。

 バタバタと慌ただしい毎日だけど、こんな愛らしいものたちに出合うと心が一瞬、穏やかにゆるくなれる。お人形の表情をのぞきこむと、フフフと笑顔になれる。

 作家さんの思いが伝わってくる親指人形は、『JamJam』という(熊本市桜木)のステキな雑貨屋さんに置いてある。

Photo
お座りしている女の子、立ち止まっている女の子、その向こうには切ない顔をした男の子と女の子。みんなみんな愛らしい子たち。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おりこの、あこ

 カメラマンのあことお花の取材で一日一緒だった。お花に夢中になる私、思わずお花を触ってアレンジしてみる私、紅茶をごちそうになる私、バラの香りをクンクンと嗅ぐ私。花屋になりたい!と言い出す私。

 そんな自由行動の私をよそに、あこは大事そうにお花を抱えて、一番ステキに見える場所を選んで撮影していた。
 「かずさん、これでいいですか?」とデジカメの画面を見せる。「あこ、天才っ!」と私。エヘヘとはにかむあこ。それからもひたすら撮影するあこ。可愛いんだよなぁ。

 「いい子ねぇ、あこちゃん」。どなたからも褒められる。「ほんと『おりこの、あこ』なの。手がかからないの、あこは」と母ちゃんのような口ぶりで自慢してきた。

Photo_4 撮影の合間のランチ。『イクイップメントカフェ』で。きれいになったよなぁ、あこ。そろそろか…?いやいや、まだまだ嫁にはやらんっ!

Photo_5
あこのキーマカレーを横取りして食べた。「かずさんのカレーが食べたい!」と可愛いことを言うあこ。今度、鍋いっぱい食わせてやっからね。

Photo_6
私はフォーをオーダー。香辛料とレモンの酸味がきいた熱々のおいしさ。寒い日、ひととき温まった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧