« 駆け込みラ・モト | トップページ | 大騎のお弁当 »

おはぎ

 料理名人の村田おばちゃんがおはぎを作ってくれました。蒸したもち米を軽くついてあってお餅状態に近いものを手作りの餡で包んであります。餡の甘さとほどよい塩加減が絶妙にござんす。甘党じゃない私も大好物です。

 ところでおはぎの呼び方ですが、秋の彼岸の頃は「おはぎ」と呼び、春の彼岸の頃に食べるのは「ぼたもち」と言います。おなじ食べ物ですが、秋の萩と春の牡丹の花からそう名付けてあるようです。こんなところこそ、日本の風流さの真髄と思えます。こういった言葉の文化は大切に守り継いでいくべきですね。

Photo_3
差し入れしてもらったそばから、スタッフでペロリ。甘いものはなるべく午前中に食べるようにしています。これは一つだけ残ったおはぎを夜食べようとしていた母に「待った!」をかけて撮影したもの。

|

« 駆け込みラ・モト | トップページ | 大騎のお弁当 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238002/47240397

この記事へのトラックバック一覧です: おはぎ:

« 駆け込みラ・モト | トップページ | 大騎のお弁当 »