« 加藤清正 | トップページ | 左門豊作 »

母の縄張り

 料亭『田吾作』の『おかずセット』は晩酌に、お弁当にと我が家でずっと愛食しているグルメ。『おかずセット』とあるとなんだか貫禄がないが、内容は本格的な料亭の味がぎっしりと詰まっていて贅沢な気分になれる。

 だし巻きたまご、タコの煮物(これが一番の好物)、芋の田楽、鴨肉、鶏肉の柔らか煮、野菜の煮物、コロッケ、穴子蒸しとしんじょう、アユの昆布巻き…エトセトラ。折りの中にキレイにおさまって、しめて1280円。鶴屋の地下の『田吾作』のお惣菜コーナーで売られており、母と私の二人分を買った。夕べはこれに白ワインで晩酌。

 昨日は、古町や新町界隈の撮影に出かけ、どこにも立ち寄らないからとすっぴん状態。一緒について来た母が、「夕食を作りたくない」と言い出したので、ならば『田吾作』のおかずセットにしようと、帽子を深々とかぶって鶴屋の地下食料品売場に母と忍者のように人目を避けて忍び込んだ。

 「福永さん!タコの柔らか煮、ありますよ!」と売場のおばちゃん。『田吾作』は母のいきつけの店。好みのものも把握されていて「つくねは?ゴマ豆腐は?白あえは?」と買おうとするもの全て誘導くださる。「すっぴんですみません…」と言うも、「あら、いつもと変わらないですよ」とニコニコ。少し、複雑になる私たち…。

 早々と買い求めて後にしようとすると、前の串カツ屋さんから「今日は素通り?」と言われ、エレベーター近くの肉まん屋では「いつもどうも」とご挨拶いただき、1階のハンカチ売場からは「福永さん!この間の注文の品、入ってますよ!」と声がかかる。

 無論、私ではなく母に向けられたものだ。ここは母の縄張り。週に3回以上は『鶴屋パトロール』といってはばからない母が、いかに顔を知られているかがわかる。しかし、昨日の母はいつになく無口。だって、縄張りで愛想をふりまきたくても庭を掃いていた姿で撮影について来たのだもの。彼女にも羞恥心はまだ残っていた…。

Photo 『田吾作』の『おかずセット』。お土産にもよくお持ちする。これはおいしいです。鶴屋の地下1階の『田吾作』のお惣菜店で売られています。

|

« 加藤清正 | トップページ | 左門豊作 »

おいしいもの」カテゴリの記事

コメント

いいですねえ。
私も毎日、鶴屋パトロールしたいです!
(田舎に住んでる今は、年に数回・・・涙)

投稿: マドレーヌ | 2011年2月21日 (月) 16時47分

串に刺してある「鶏肉の柔らか煮」。
よくお弁当に入ってたなぁ。

投稿: かおりん♪ | 2011年2月21日 (月) 17時45分

私の大好きなおねぃさんも田吾作が好きでよくお惣菜買ってました。街を一緒に歩くと10m置きに知ってる人と会ってたなぁ。。早く熊本に帰ってきて欲しいけど…どこかかずさんとかぶるんですよね。。嬉しくてつい、すいませんwinkかずさんよりも年上のおねぃさんなのに。。。他愛もないこと書いてしまいました。(^-^;

投稿: miy | 2011年2月21日 (月) 19時35分

<マドレーヌさんへ>
パトロールはいいけれど
出費が…。

投稿: かずこ | 2011年2月22日 (火) 10時09分

<かおりん♪へ>
『田吾作』のお弁当持って
熊本城に花見にいかないかい?

投稿: かずこ | 2011年2月22日 (火) 10時11分

<miyさんへ>
私とかぶるって、
そんなにキレーなおねぇさんだったの?
なんちゃって(笑)。
今度、一緒にお買い物する?
戦争みたいよ、きっと。

投稿: かずこ | 2011年2月22日 (火) 10時15分

そんなこと聞かれたら「行く♪」に決まってるじゃないですかっ♪”
データありがとうございました。

投稿: かおりん♪ | 2011年2月22日 (火) 16時33分

かずさん、はい、多分、とてもbleah
お供しますlovelyお買い物にも、花見にも…cherryblossom失礼しましたcoldsweats01

投稿: miy | 2011年2月22日 (火) 22時24分

<かおりん♪へ>
お花見は、お花のように飾ってきてね。
かおりんのお花を見る、お花見。

投稿: かずこ | 2011年2月23日 (水) 09時30分

<miyさんへ>
楽しくなりそうだね。
加藤清正公も喜ぶよ。

投稿: かずこ | 2011年2月23日 (水) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238002/38956470

この記事へのトラックバック一覧です: 母の縄張り:

« 加藤清正 | トップページ | 左門豊作 »