« 処世術 | トップページ | 上履き入れ »

いばらの会

 「たいふういっか」というワードを天気予報で聞いたことがあると思うが、その昔私は「台風一家」だと勘違いしていた。台風はなぜか家族構成になっていて、最も激しいときが父親、弱まる頃が子どものしわざで、母親が台風の目だと勝手に解釈していた。正しくは「台風一過」。こんなんで、よくぞライターになれたと思うのだが。

 しかし東京にいる友人の編集者は、「自律神経失調症」を「自立神経出張中」と認識していた。意味的にはそう遠くはないが、マジ顔でカミングアウトされたひにゃ慰めようがなかった。その友人は、「野中の薔薇」を「夜中の薔薇」と歌っていたとも告白した。ちなみに私たちは共にB型である。はて、薔薇と言えば…。

 母校のOB会は『のいばら(野薔薇)会』と呼ばれている。案内状が届くも一度も顔を出したことがない。数年前、母校の「ご意見の会」なるものが学校及びOB関係者で結成され、なぜか私も委員として選出された。各自、自分が何者かの挨拶をしなければならず、あろうことか私は「毎回、『いばらの会』にご案内いただいているにもかかわらず…」と口にしてしまったのだ。「の」の場所を使い間違えたのである。

 ピキーンッ!と諸先輩や先生方ににらまれたのは言うまでもない。それは凍るような冷たい視線だった。それからというもの長期任務を耐えるようにしのいだ。

 うろおぼえや勘違いはバカにされるだけでなく、ときとして寒々しい事態を引き起こす。言葉は正確に記憶しよう、正しく理解しよう。
 

200505_img_17
野薔薇の花。ドクダミの花にも似ている。私的には含む意味には近いものがある。

|

« 処世術 | トップページ | 上履き入れ »

笑いましょう!」カテゴリの記事

コメント

なんとワタクシも「のいばら会」OBでございます。ほほほ・・・・
女学院時代の思い出は楽しいことばっかりで、あの当時はいい学校だなあって思ってたけど、「のいばら会」のステイタスっぽい匂いは違和感あるなあ~~^

投稿: ちかちか | 2011年1月25日 (火) 22時57分

<ちかちかさんへ>
先輩は間違いなく「いばらの会組」でしょう。
だって、「エロチカ」だから…。

投稿: かずこ | 2011年1月27日 (木) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238002/38518794

この記事へのトラックバック一覧です: いばらの会:

» 蓬田バラの香り研究所 [蓬田バラの香り研究所]
「バラの香り」についての研究活動と情報発信を業務とする「蓬田バラの香り研究所」 [続きを読む]

受信: 2011年1月24日 (月) 11時41分

« 処世術 | トップページ | 上履き入れ »