« 風邪 | トップページ | タイガーマスク »

福永大神

 大阪の通天閣がある新世界界隈に『福永大神』という稲荷神社がある。前回、偶然に見つけた神社だが、「福永」を名乗る私にとっては気になる場所だ。

 ネットでいろいろと調べてみるも、見当たらない。明治36(1903)年に、国が行った内国勧業博覧会の跡地で「新世界」として払い下げられたときに、京都の伏見稲荷神社から勧請されたものらしく、周辺の商店街の「溝」で運営されているそうだ。
 ちなみに内国勧業博覧会とは、国際博覧会の前身で、海外との交流が薄かった頃に行われたイベントである。

 いったいなんで「福永」だったのだろうか。福が永遠に続きますように、そんな意味が込められているのか。「ふくなが」とは読まず「ふくえい」とかなのだろうか。

 いずれにせよ、全国の「福永さん」にとっちゃ、ここに来たら手を合わせることなく通り過ぎてはいけない気になる稲荷神社である。
 商売繁盛、頼みまっせ〜!※ちなみに大阪では『丸福珈琲』も取材した。

Photo 大阪の新世界界隈に『福永大神』という稲荷神社。

|

« 風邪 | トップページ | タイガーマスク »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238002/38475647

この記事へのトラックバック一覧です: 福永大神:

« 風邪 | トップページ | タイガーマスク »