« 明け方… | トップページ | 熊本のマルセイユ »

黄金色の羽根

 実に美しい光景だった。ハラハラと黄金色の天使の羽根が舞うように降り注ぐ。嘘のない真っ青な空、まばゆいばかりの阿蘇神社の銀杏の葉。その高貴な姿に心が洗われるようだった。

 阿蘇で慌ただしく取材を終え、夕方から『テレビタミン』。ボロボロになった顔でメーク室に駆け込みメークの古庄さんにキレイキレイにしてもらう。
 しかしせっかくステキにメークしてくださったのに、「もっちゃんつけ麺」を鼻を膨らませて頬ばる私にスタジオ爆笑。おいしさは鼻の穴の大きさにあらわれるのだ。

 バタバタだったけど、たくさんの人たちに優しくしてもらった一日だった。朝からおいしいご飯を用意してくれていた『産庵』のご主人と女将さん、今日という日に出会った多くの方々に感謝。ありがとう。もう寝ます…、グー。

Photo
うっとりするような黄金色とスカイブルー。自然の色って、なんてすごいんだ。

神社仏閣によく銀杏があるのは理由があるらしい。銀杏の葉は地面の水分をよく吸収するのだそうだ。ゆえに火事のとき、火の広がりを防ぐのだとか。と、『テレビタミン』のお天気お兄さんの北島さんが言っていた。なるほどねぇ。

|

« 明け方… | トップページ | 熊本のマルセイユ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238002/37695857

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金色の羽根:

« 明け方… | トップページ | 熊本のマルセイユ »