« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

八代の塩らーめん

 八代のおいしいものを探しに行って来た。いろいろあったが、中でも『山河』の塩ラーメンはおいしかった。とんこつスープベースだが、透明なスープは全くとんこつ独特の匂いがしない。麺も細麺でスープにしっくりと馴染んでおいしい。先日より、よくラーメンに行き当たっている。また、太ったかもしれない…。

 日奈久温泉へも取材で行って来た。日奈久と言えば、まだ私が小さい頃に行ったきりで、記憶がほんとんどなくなっていた。なので、まるで初めてきたような新鮮な感覚を覚える。どこか石川の山代温泉に似ていて、また別の温泉街のようでいて、ノスタルジーあふれる場所だ。

 『寿司好』のおやじさんが最高だった。まだ午後1時だというのに、すでに飲んでいる。完全にいい調子でノリは最高!ここでは「このしろ寿司」を取材させてもらった。写真家のモリケンが自然光で撮影しようと挑んでいると、「よかよか、がんばらんちゃよか。はよ、寿司ば食べ」とお父さんの温かさが伝わる。「いや、がんばらんわけにはいかんとですよ」と返すモリケンも嬉しそうだった 。

 日奈久ってなんだかいい。かつて多くの客で賑わった頃と今ではまったく違うらしいが、ここにもいろんな物語が潜んでいそうで、なかなか味わい深い場所なのである。


Photo_2
『山河』の塩ラーメン。こくがあってクセのない味。ここのお父さんもいい方だった。おいしかった。ごちそうさまでした。

Photo_3
だし巻きたまごをじゃがいもアンで包み、ちくわで巻いて揚げた「竹コロッケ」。日奈久の温泉街のヒット商品。食べ歩きには最高のファストフード。「中原」のお母さん、ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉名ラーメン

 実は、私はとんこつラーメンが苦手である。小さい頃は大好物だったのだけど、とんこつの風味をいつからか拒否してしまうようになった。ご存知の通り、熊本はとんこつラーメン王国。東京からの客人や仕事先の人たちが来熊の際、一番に「どこのとんこつラーメンがおいしいですか?」とワクワクしたように尋ねられるとき、同行せざるを得ないが、しかし、苦手なのである。

 今回、カメラマンのウッチーと玉名の表紙を撮影に行ったおり、やはり彼もとんこつラーメンの話をしてきた。元々食べていたわけだから、この際、思い切って再挑戦して克服してみようかと挑んでみることにした。

 ウッチーおすすめの店が「千龍」。人気店らしく行列が出来ていた。待つ間、地元の客だという親子と意気投合し、ラーメン話に花が咲いた。やっと席が空くと、その親子と同席になった。さて何を頼むか、とんこつの風味が鼻先を横切る、無理かも…。

 オーダーはしょう油ラーメンにした。この店に来てそのオーダーは邪道だと言う顔をする人も多い中、頑としてしょう油ラーメンにした。
 すると…。しょう油のあっさり感を期待していたにも関わらず、ニンニクの風味とどことなくとんこつからそれていないしょう油ラーメンのお味にびっくり。おいしい!それに微妙にとんこつラーメンの仲間意識もつなげていてくれる味だ。

 これならいけるかもしれない…と、隣のウッチーのとんこつラーメンを味見。「うっ…、やっぱまだ無理だ。しかし食べられんことはないかも…」。だが、まだその胸に本格的に飛び込めない。こうなると徐々に舌を手なづけていくしかないようだ。
 早く、一人前の熊本ラーメン人になりたいものだ。ウッチー、ごちそうさまでした。


Photo
「千龍」のしょう油ラーメン。コクのあるスープでとってもおいしかった。煮干し系の味ではなく、鶏ガラととんこつが入っていたように思える。ニンニクの風味が効いて、玄人の味がした。

Photo_2
菖蒲苑を撮るウッチー。朝からお昼までたっぷり二人でデート気分。車中でラブラブでおにぎりを食べながら、話はもっぱら、ウッチーの彼女の熱愛ネタ。っんとに、しらけるなーも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

 恋をしている女の子と話した。思いがあふれているのを感じた。恋をしているときほど幸せな時間はないと思う。たとえ片思いでも、両思いでも、満開の花が咲いたようにほころぶ頃が一番幸せだ。

 「あの人は今頃何をしているのだろう」。そんな風に考えるときって、相手も同じようなことを思っていたりする。始終、相手のことばかりが気になっている。どこにいても何をしていても、相手のことを前提に考えてしまう。想像もふくらむ。思いがふくらむ。それが恋だと思う。

 ただ、恋をしていても決して自分を見失わないで欲しい、と思う。自分を見失わないことって、それは仕事を全うすることだったり、家族に思いを向けていることだったり、友だちの表情をきちんと見てあげることだったり。自分に向き合える余裕を持っていて欲しい。

 恋の相乗効果は、人を成長させることにある。いっぱいいっぱい恋をして、大きくなって欲しいと思う。それに、人に優しく接することができるようになるのも、恋の力である。
 ずいぶんと恋をしていない私が言うのもなんだが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

母ちゃんと

 昨日は久しぶりに母と二人で過ごした。パソコンも携帯電話も無視して、野菜の買い出しに行ったり花を買ったりして、ほのぼのと一日過ごした。母と私は特にベタベタの仲良しではないけれど、いい仲間であると思う。友人のような、先輩のような、そんな関係に似ている。

 友人が久しぶりに電話をくれるとき、必ず「おばちゃんは元気?」「お母さんは元気?」と声をかけてくださる。昨日も知り合いのマダムから電話をいただき、「元気や?お母さんも元気?」と気遣いいただいた。どうやら私たちは1セットのようらしい。

 母は今年で73歳。昔はそりゃそりゃ怖かった。彼女が現役の頃、母の財布に頼るしかない私は、おそるおそる借金を申し出ては、イヤミを死ぬほど言われていたものだ。

 私は一人っ子なのだが、食べるのが早い。きっとそれは母のせい。兄弟のいる人たちは、食べ物の競争で早食いになった、という人が多いが、私の対戦相手はいつも母だった。なにせ、子どもが食べているものも平気でぶん取って食べるのだから。祖母がいつも言っていた。「子どものば横取りすんなっ!」と。おかげで、食い意地は誰にも負けないようになったが。

 母はきれい好きである。我が家はほこりひとつたかっていない、といっても過言ではない。だから母が旅行で外出した日などは大変だ。帰宅するまでに、完璧に元通りにしておかねばならない。掃除機を使っていないと、「空気がよどんでいる」と一喝される。一瞬でわかるらしい。風呂などは、入浴後、裸のままで掃除せねばならない。出るときは元の通りに、が鉄則なのだ。かといって神経質な女じゃない。ここがややこしいんだが。

 そんな母も70歳を過ぎた。この頃、少しは気合いもトーンダウンしたが、アゴの方は達者である。もしかすると、私より長生きするかも。彼女曰く、「あたしゃ、あんたみたく酒も飲まんし煙草も吸わん。それに人の悪口を言わんけん長生きするばい」
 嘘つけ、人様のことを言わない日は一日だってないくせに。だが、自分に都合のいいことだけを拾うのは、どうやら私も受け継いだようだ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

寒いね

 4月も半ばだというのに、寒い。ゴールデンウィークは、沖縄以外、低温が全国を覆うんだとか。ゴールデンウィーク、みなさんはどのような計画ですやろか。さぞや、ご家族で恋人といろんなところへ出かけては、楽しい思い出を刻まれるんでしょうね。

 私は、徹底的にこもります。ジャージ姿でノーメーク。シャンパンを数本買い込んで、昼風呂、シャンパン、読書、シャンパン、昼寝、シャンパン、夕飯、寝る。これを1週間も続けてみようかと思っとります。まさに、小原庄助さんにございます。シャンパンはがんばったご褒美として、1週間の中ではヴーヴ・クリコとモエを1本ずつあけようかと思います。たった一人で飲みます、同情はいりません(笑)。

 ゴールデンウィークは、久しぶりに仕事を離れて、作品づくりに没頭しようと思っている。何かに挑戦していないと、心の筋肉が衰えてしまいそうで。どっぷりと、ドロドロと自分の時間を楽しむことにする。

Photo ゲージの外と中からチューをしているタロとねず。この子たちとたっぷり遊んであげようと思う。可愛い、たまらん。


 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

苓北のちゃんぽん

 土曜日、天草に行って来た。天草西海岸、何年ぶりだろう。若い頃は、友だちと夏の海によくやってきたものだった。

 若い頃、プレッピースタイルバリバリで、友だちの軽自動車でやっとこどっこい、と訪ねたものだった。麻袋のトートバック、セントジェームスのボーダーシャツに綿パン、赤いコンバースのスニーカーを履いていたな…などと、昔のことを思い出してしまった。

 妙見浦から西海岸の断崖を眺めると、そんな青春の頃の匂いが香りたつようで、なんだかくすぐったくなった。

 お昼はちゃんぽんにしよう!ということで、苓北町の富岡半島にある「名月」に行った。前回も取材で来てトライしたが、あいにくお休みだった。おじちゃんとおばちゃんが二人で切り盛りするこの店は、ちゃんぽん麺が切れると店はたちまち終了してしまうらしい。たとえお昼であっても。また、その日の体調によって、店休日はまちまち。だから、その日、名物ちゃんぽんにありつけるかどうかは、カケのようなもの。

 ラッキーなことに、「名月」は開いていた。狭い店に入ると、テーブルには観光客がいっぱい。あの高倉健さんのサインもあった。名物味覚にやっとありつける。

 ちゃんぽんに生卵入れ、なるものをオーダー。どんな味かと一口スープをすすれば、これがあーた、これまでに味わったことのないような風味。いや、特別にどこがどう違う、というわけではないのだが、魚の出しでとったコクのあるしょう油ベースのスープが、これまで食べたものとは断然の違いを感じるのだ。

 太麺と野菜の量のバランスがいい。生卵をほぐすように食べると、なんともまろやか。量もちょうどいい。ツルツルといけるわいける。あっという間に完食。今回はラッキーだったが次回はいつありつけるのだろう。あぁ、すぐにでも食べたくなってきた。


「名月」のちゃんぽん。やっと食べることができた。これで650円。この味をいつまでも絶やしてほしくない、と思う。

あっという間に完食。スープも全部飲み干した。一度トライしてみてください。格別の風味に感動しますから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホットドッグ

 従兄弟のお嫁さんは料理上手。パンからピザからお好み焼きまでプロ並みの味。いつもいろんな料理を作ってくれて差し入れしてもらうのだが、中でも私の大好物が、ホットドッグ。
 炒めたキャベツにウインナーをパンに挟んでケチャップをかけただけのシンプルな味なのだけど、これがおいしいのなんのって。
 いつ食べても、何度食べても飽きないおいしさなのだ。ホットドッグ屋さんをしたら絶対人気が出ると思う。

 先日もホットドッグを差し入れしてくれて、スタッフでペロリとたいらげてしまった。「ありがとう!」とお礼を言うと、「お安い御用よ」と優しい返事。そうやっていつも我が家には、誰かからのおいしい差し入れがいっぱい。おいしいモノで繋がっているって、しみじみ幸せだなぁと思える。

Photo
バスケットに入れて届けられたホットドッグ。できたてのおいしさをペロリ。何個でもいただけるのだ。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ごぱん屋うっでぃ

 おいしいいただきものをした。『ごぱん屋うっでい』の宇治さんが、焼きたてのパンをわざわざ届けてくれた。焼きたてのそれは、もっちりとして香ばしくて、パン本来の味がしみじみ伝わるおいしさだった。何にもつけなてもおいしい。
 宇治さんによれば、「きんぴらをはさんで食べるのもおいしいですよ」らしく、ちょうどきんぴらゴボウがあったのでそうやって食べたら、ゴボウのシャキシャキ感と、パンのふっくらとした食感があいまって、本当においしかった。

 宇治さんはとっても可愛い女の子。素直でピュアで、ひかえめで。そんな彼女が作るパンには、その人となりがよく出ていた。噛めば噛むほどに味がある。宇治さんもそんな女の子なのだ。

Photo
『ごぱん屋うっでぃ』の焼きたてのパン。一斤、ペロリと食べてしまった。おいしかった!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あ〜、目がまわるぅ

 バタバタである。杖立温泉に行ってきたかと思えば三味線の家元を取材し感動した翌日は会議、校正、降版、今度は天草にアポを入れて走る走る!あ〜、テレビもあった、明日はラジオ…。
 嘘だろ…と思うほど忙しい。仕事に追われる日々にありがたいと思う一方で、休みが欲しい…と本音が出てしまう。ボーッと何日も過ごせたらいいな、としんから思う。
 来るゴールデンウィークは、仕事の関係先が動いてないので、よだれを垂らしながらゆっくり過ごせるだろうと思っている。人様が楽しく行動するときにこそ、私は貝になっていよう。

 とはいえ、忙しいのは実は そんなに苦にならない。怖いのは、締め切りが守れるかどうかだ。いい紙面をつくってみなさんに楽しんでもらうために、今は貝になってはいられない。

 それにしても、杖立温泉の鯉のぼりは爽快だった。風の波を颯爽と泳いでいた。ロープにつながれているにせよ、それは活き活きと泳いでいた。私もがんばろ。

Jpg_2
杖立川の上を泳ぐ鯉のぼり。イワシの大量シーンを想像してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれんじ創刊!

 紆余曲折しながら、あっちこっち迷いながら、スタッフの汗と涙と東奔西走の脚力に頼りながら、やっと、「あれんじ」が創刊した。
 朝の4時に目が覚めた。新聞配達のバイクの音が聞こえるやいなや玄関に飛び出し、ポストの中の新聞を取り、「あれんじ」を手にすればなんとも感慨深い。

 ドキドキものだった。初めてのデートのような対面だった。これまで何度も何度も紙面を穴があくようにチェックしてきたけれど、こうやって会うと、また違う思いが沸き立つ。
 ずいぶんと顔を見慣れた男子と、あらたまって二人きりでデートすると、いつもと違う表情を発見するときがある。そんな感じだった。

 ページを何度もめくった。頬ずりを何度もした。創刊までのことが走馬燈のようにグルグルと頭の中を駆け巡った。M田部長→M田編集長と一緒に、あーでもないこーでもないと、試行錯誤した時のことが思い出されて、ジーンときた。

 とにもかくにも、新媒体のあれんじはスタートし、これから長い走りが始まる。息つく暇もないほど次々にやることはいっぱい。それでも、楽しみながらやっていきたと思う。私たちが楽しまなければ読者の方も楽しめないもの。
 多くのみなさんに愛される「あれんじ」であるために、私たちは誰よりも深い愛情をもって「あれんじ」をつくりたいと思う。

 さて、これからモリケンと杖立温泉まで行ってくる。次号のあれんじのステキな表紙を飾るため、絶好のショットを彼に撮ってもらおうと思う。がんばるぞ!

Photo
あれんじ創刊!さっ、気合いいれていくぞ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クレセント

 RKK通りに友人が営む「クレセント」という花屋さんがある。このお店のセンスは抜群。ケースの中に入った花を見れば、それは一目でわかる。

 薔薇ひとつにしても、花屋さんのセレクトは違う。この店のお洒落な感覚というものは、花の色合い、形、組み合わせと、そのアレンジぶりに現れてくる。贈られる人はもちろん、贈る人の気持ちを満足させてくれることも大切だと思う。

 昔は、ちょくちょくこの店にお邪魔しておしゃべりさせてもらっていたので、花の種類も随分と教えてもらった。しかし、近頃、なかなかお邪魔する機会がなくて。久しぶりにのぞいてみたら、そのセンスの良さをあらためて実感したのだった。

 大切な方や、お洒落な方に贈る花は「クレセント」に限る。どうぞ、一度、のぞいてみてください。ステキな花があふれていますから。

Pg
いろんな薔薇の種類がある。どれをとってもステキなものばかりで、ため息が出る。お花屋さんという職業は見た目よりずっとハードな仕事だ。それに、人の心を癒やすための感性も大切なのである。
「クレセント」熊本市練兵町53 - 096-326-4144

| | コメント (3) | トラックバック (0)

藍より青く

 今から37年ほど前の昭和47年、NHKのテレビ小説で「藍より青く」というドラマが放映された。舞台となったのは、牛深だった。

 ヒロインの真紀は厳格な校長である父に反対されながらも、網元の息子の周一と結婚する。やがて子どもを身ごもるが、夫は出征しそのまま帰らぬ人となる。父親の顔を知らない子どもと二人、周囲に支えられながら真紀は戦争未亡人として強く生きて行く。そんな物語だった。

 作者は山田太一氏。小説家で脚本家である。「ふぞろいの林檎たち」などの名作を世に送り出してきた大家である。彼が牛深という町に魅了され、この作品を発表した気持ちがよくわかる気がした。

 牛深には、そこはかとない人情と風情がいたるところにある。商店街のシャッターはたくさん閉まっているけれど、決して人々は暗くない。藍色の海と同じように、茫洋(ぼうよう)としている。かつて、漁で財を成した網元たちは牛深の景気や人々の覇気を引っ張ってきた。武勇伝も数々ある。大胆でおおらか。そんな海の男たちが築きあげた誇りが、今だに息づいている気がする。

 ハイヤ踊りを舞う女性たちの明るさとたくましさもしかり。誰もが気軽に声かけてくれる。人見知りする人が少ないと思う。豊かな海が育んだ気質なのだろうか。

 山田太一氏は、牛深のそんなところを伝えたかったのだと思う。私も、この町を舞台にした物語が書きたくなった。何度も通ってみたい。そんな気にさせる町なのである。


Photo
「せどわ」が両岸に並ぶ牛深の船泊(ふなどまり)。海の色が透明で、魚が泳いでいるのがわかる。水族館のようだ。


2
路地を歩けば、その向こうに海が見える。この通りはすごく風情がある。

Jpg
刺身のおいしさが違う。「魚正」で食べたさばかれたばかりの刺身定食。これに煮魚もついてくる。美味!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »